インドネシアのスマトラ北部プマタン・シアンタールより、HEFRIANSYAH市長が来日。富士河口湖町の観光に付き、紅葉祭りを視察に訪れました。紅葉祭り会場では、日本でハラールフードが出店していることに終始驚いていました。また、ハラール黒毛和牛を堪能し、この牛肉がハラールで食べられることに終始感動していました。
紅葉祭りを視察した後、実行委員でもある一般社団法人富士河口湖町観光連盟の山下茂会長と対談。
市長がプマタン・シアンタールの近くにも河口湖と同じような湖があることを話された後、観光都市である河口湖のインバウンド観光客への取り組みを終始伺っていた。また、河口湖に唯一であるムスリム用ホテル「シャリアホテル」も視察。富士河口湖町のイスラムへの理解と活動に敬意を表していた。
最後に、市長は、今後の観光事業での相互間の支援協力体制を構築していきたいと意気込みを語っていた。

【名  称】 シアンタールの市長がやってきた。
【対  談】 一般社団法人富士河口湖町観光連盟 山下茂会長
【日  程】 2018年11月4日(月)  
【会  場】 もみじ祭り2019 富士河口湖町、Syariah Hotel Fujisan
【公式情報】 プマタン・シアンタール 公式サイト


アバター

JHCPO

JHCPOは、UAE、インドネシア市場への進出支援を行っています。 魅力ある商品をイスラムマーケットへ確実にお届けします。 ムスリムとして、日本とイスラム市場の架け橋となります。

0件のコメント

コメントを残す