1

2014年9月6日「河口湖ハーブ館」
日本のムスリム対応及び日本の観光をPRするため、インドネシアの記者団を招き山梨県富士河口湖町、笛吹市へ視察アテンドを実施しました。富士河口湖町では「河口湖ハーブ館」でハーブの体験コーナーで工作している様子を取材し、展示品やドライフラワーにとても興味深い様子で見入っていました。

2

かっぱ飯「寿司善」
富士河口湖町町長渡邊氏、富士山国際観光協会会長山下氏と一緒に富士河口湖町のかっぱ飯、勝沼シャトーのノンアルコールワインを頂きました。富士河口湖町では、ムスリムが安心して宿泊できるように積極的にムスリム対応を行っています。インドネシア記者団一行もかっぱ飯を食し、富士河口湖町の取組みにとても感心しインドネシアでPRするとのことでした。

3

■笛吹市歓迎セレモニー
笛吹市においてインドネシア記者団の歓迎セレモニーが取り行われました。小林副市長をはじめ笛吹市の皆様の歓迎に大変感激しておりました。また、近くの足湯にも浸かり石和温泉にもふれることができました。
手前から、御坂農園会長 河野氏、観光商工課 菱山課長、AO陳誌茗、小林副市長、上野市議会議員、山下理事長。

4

■御坂農園 「ぶどう狩り体験」
笛吹市観光商工課 菱山氏の案内で「ぶどう狩り」を御坂農園で体験させてもらいました。ぶどう狩り体験だけでなく、ぶどうの美味しさにインドネシア記者団も絶賛していました。また、近くの日本人観光客に笛吹市の素晴らしさを取材していました。

インドネシアの媒体に笛吹市「ぶどう狩り」体験を記事掲載

 

 

カテゴリー: 活動報告

アバター

83Labo

JHCPOは、UAE、インドネシア市場への進出支援を行っています。 魅力ある商品をイスラムマーケットへ確実にお届けします。 ムスリムとして、日本とイスラム市場の架け橋となります。

コメントを残す